SFAでは商談管理を強化する

営業担当者は少なからず商談を抱えています。一つだけの人もいれば複数抱えている人もいるでしょう。それらを自分で管理をしながらそれぞれの話を進めていきます。ベテラン社員であれば一人でできることもありますが、新人になると1つの商談さえうまく進められないことがあります。せっかくのいい商談を潰してしまうことにもなりかねません。SFAにおいて取り扱われるものとしては商談管理があります。客先との商談の状況を逐一記録するものです。これに関しては自分自身で確認できる他マネジャーにも見てもらうことができます。マネジャーはそれぞれの進捗度合いから今月の売上予測などを立てることができます。商談の進捗度合いが遅れているような場合があればそれに対しては指示を出して対応することも可能です。新人であっても商談が進められるようになります。

SFAでは新システムと既存システムの連携

コンピュータシステムにおいては、事前に何らかのシステムを導入していてその後に新しいシステムを導入することがあります。会計システムなどでは経理部などに導入していることがありますが、これらについては新しくするときに事前のシステムからデータを移行し、事前のシステムは利用しないようにするのが一般的かも知れません。経理部など利用者が限られているような場合は複数のシステムがあったりするとややこしくなることがあります。SFAの場合、営業担当者全員が利用することになります。利用する人が多岐にわたるためシステムを更新するにしても以前のシステムのほうが使いやすいとしている人もいます。そこで既存システムと新規システムを連携できるようにしておきます。将来的には完全移行をするのですが、段階的に行ったほうが利用者にとってはいいのです。

SFAではEAIツールにより重複入力を避ける

コンピュータで情報を管理するとき、情報の入力が必要になります。同じ情報に関しては本来であれば一度入力すればそれで済むはずです。しかしある情報を別のところで利用したい場合などにそちら用として同じデータを入力することがあります。入力するように言われれば従うしかありませんが、同じこと入力するのは効率としてはよくありません。SFAにおいては、営業活動の管理をするためにデータを入力します。この時にも同じデータを何度も入力させられるようなことが出てきます。それを防ぐためにEAIツールの利用があります。これは異種のシステム間においてデータの連携が取れるようにしたものです。社内で利用しているものと自分自身で利用しているものなどにおいて連携をさせることができれば、それらの入力の手間を減らすことができます。また、自分用としてデータを保持できます。

SFAに入力するのに時間がかかりすぎて、本来の業務に割くべき時間を圧迫していませんか。それでは本末転倒です。 未だに一部の企業では、非効率な営業を続けています。非効率な営業は成果が上がらないばかりか営業マンを疲弊させる最悪なものです。 ネクストSFAは属人的な部分に頼っていた今までの営業プロセスを可視化し、営業の効率を向上させます。 SFAで営業行動を管理するならネクストSFA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)