SFAはグループごとでの利用のばらつきを減らせる

営業職は異動や担当変更などを適度に行います。総合職としていろいろな地域などで仕事をするのが良い場合もあります。またローテーションをすることによって不正を防止するのにも役立ちます。客先に対して通常の価格よりも安く販売していたりすればそれは会社にとっては不利益になります。そのようなことを知ることができます。グループの変更組織の異動に関しては上司であったり課員の変更も意味します。すると業務の行い方が変わる場合があります。あるグループ、ある上司のもとではこのような仕事のやり方、あるグループではこのようにするなどです。そうなってくると異動先でも困ることも多くなります。SFAを導入することによりグループやマネジャーによる利用のばらつきを減らします。そうすれば異動した先においても同じように業務を行い、システムも利用できます。

SFAは内部開発か外部から導入か

大手の会社になると自社内にシステム開発部、情報システム部などが設置されていることがあります。それによって社内における情報を一括管理することができます。ただし要件を出してから実際に運用できるまでにはそれなりに時間がかかることがあります。また変更なども行っていかなければいけません。新しい分野などだと容易に開発できないこともあります。SFAに関しては考え自体は以前からあるものですが企業が導入しだしたのは最近のことと言われています。そのためか新たに一から作る場合には手間がかかることがあります。すでにあるものなら手直しをすれば済みますが、最初からだと時間もかかります。現在は外部から導入するほうが導入しやすく、利用もしやすいとされています。ネットワークであったり、スマートフォン、タブレット等との相性も必要になるので、接続しやすいほうがいいでしょう。

SFAは運用しながら機能を追加する

多くの情報システムに言えることは完璧のものはないことです。もし完璧のものができたとしたらその次のバージョンなどは必要ないことになります。その時において最高の技術を結集して作り上げたとしても、いずれはその機能では足りなくなったりしてきます。問題点が生じた時にはその部分を改良していくことになるでしょう。SFAと言いますと会計システムや人事システムのような各社によって決まりきったものではありません。どちらかと言えば会社ごとに異なると言ってもいいものです。それを最初から完璧に使いこなすのは無理があります。まずは基本的な部分を導入して自社に合うかどうかを確認します。問題がないとわかればそこから徐々に機能を追加していくようにします。場合によっては便利と思っていた機能を取り外して別の機能に変更することもあるでしょう。